2007年09月01日

「愛」荒い男の告白盛ったホームページ電撃オープン!

20942a.jpg
新しい動画披露、 ネチズンの視線を捕らえる...

捨てることも持つことも出来ない愛にオールインする荒い男の熱い生を扱った、今年の秋夕ただ一つの感性アクション大作「愛」が、映画位強烈で盛りだくさんの見どころが盛られたホームページ(http://www.sarang2007.co.kr)をオープンした。

あなたの心臓をときめかせる「愛」の荒い男の生がホームページを通じて公開される!!

今回オープンした「愛」のホームページは、ネチズンたちが熱い反応を見せた1次ポスター、希望と悲しみが共に盛られたチュジンモの表情と 'バカなまねと同じだね...人の縁...'という強烈なコピーでゲイトページを構成した。ここにクァクギョンテク監督特有の迫力溢れるアクションと濃い愛の感情が感じられる「愛」の新しい動画を披露しており、ネチズンたちの視線を捕らえる。

メインページには、目には涙がいっぱいたまっているが、微笑んでいるチュジンモの新しいクローズアップ写真が初公開されて、もう一度話題を作り出すことと予想される。初恋の人に向けた '守る'という素朴な誓いを守ろうとするも、人生が狂ってしまった、荒いが純情を抱いた男チェイノの熱い生が、チュジンモの表情からそのまま感じられる。チェイノの捨てることも持つことも出来ない愛と、酷い悪縁に関するもっと詳しい事情は 'special story'という特別コンテンツを通じて直に公開される予定だ。

'あなたにとって愛とは何ですか?' ネチズンたちの胸熱い告白目立つ
200708281516451003_1.jpg
一方、「愛」のホームページは 'あなたにとって愛とは何ですか?'という特別なイベントが進行されていて目を引く。イベントページで 'あなたにとって愛とは何ですか?' という質問に対して、自分が考える愛の正義を入力すれば、クァクギョンテク監督、 主演俳優たちと共にする全国試写デート "愛、その熱い告白"に自動応募される。

去る8月16日オープンした「愛」のティーザーホームページで、もうネチズンたちの熱い呼応を得たこのイベントは、9月12日まで参加可能だ。以後、抽選を通じて9月14日の釜山を始まりに、大邱・大田・光州・ソウルなど全国 5ヶ都市でクァクギョンテク監督と主演俳優たちに直接会える機会を得ることが可能になる。

強烈なドラマ位、力強いホームページをオープンした「愛」は、現在後半作業に拍車をかけており、今年の秋夕、ただ一つの感性アクション大作として観客たちの心臓をときめかせる。

チャヨンファン記者

cnbnews]2007-09-01 07:45:59
posted by rika1999 at 23:11| ■映画「愛」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛」スペシャルメイキング、電撃公開!!

今年の秋夕、ただ一つの感性アクション大作

捨てることも持つことも出来ない愛にオールインする荒い男の熱い生を扱ったクァクギョンテク監督の「愛」が、鮮やかな現場メイキングで構成された緊迫感溢れる特別動画を公開して話題を集めている。

緊張感溢れる現場と熱情が溢れる監督、俳優たちの姿を盛った特別動画公開!今回公開されたメイキングには、クァクギョンテク監督特有の強烈なドラマと底力ある映像を披露することで期待される「愛」の、去る5月から8月までの熾烈な撮影現場の姿が活き活きと盛られている。

クァクギョンテク監督の力強い"Ready Action"アクションで始まる、撮影現場でだけ見られるクァクギョンテク監督特有の骨を惜しまない熱情的な演出姿が公開される。引き続き、新しいキャラクターに挑戦した4人の俳優のリハーサル姿から撮影場後方の姿に至るまで、熱情的で多様な撮影現場の姿を見ることが出来る。

荒い男の熱い告白、「愛」を期待させるようにするキャラクター映像!

チュジンモ自らも 'チュジンモの再発見'になるはずと明らかにした事がある「愛」

荒いが純情を抱いた男、チェイノへと変身、守ると誓った愛にオールインする真の男の姿を披露する予定だ。今回の映像では、危ない程に荒いアクションを直接消化する姿がリアルに盛られており、「愛」に対するチュジンモの熱情を感じさせた。

引き続きクァクギョンテク監督の映画初女性主人公でキャスティングされたパクシヨンは、撮影場での気軽い姿は勿論、繊細な感情に完全に沒入した涙演技を初めて公開、俳優パクシヨンの新しい姿をより一層期待させるようにする。

普段から親しい姿を主に見せたチュヒョンも、重みあるカリスマが感じられる姿で、2人の男女の運命を手に握ったユ会長キャラクターに対する関心を誘発させた。最後にチグォン役を引き受けたキムミンジュンは、頭からツマ先まで悪辣なチンピラに変身する過程を披露して、去る現場公開に引き続きもう一度話題を催すことと予想される!

一人の男の熱い生と濃い愛の感情が感じられる予告篇に引き続き、迫力溢れる撮影現場メイキングを公開した「愛」は、後半作業を経て来る秋夕、ただ一つの感性アクション大作として観客たちの心臓をときめかせる予定だ。

チャヨンファン記者

cnbnews]2007-08-30 16:58:21

posted by rika1999 at 22:45| ■映画「愛」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チュジンモ・パクシヨン、「愛」伝播の為に全国巡回ロードショー

クァクギョンテク監督の7番目の映画「愛」が、封切りの前に大規模全国デート試写会を開催する。

クァク監督と男女主演のチュジンモ・パクシヨンは、全国を巡回して '愛、その熱い告白' というタイトルの試写会に参加する。

映画を撮影した釜山(9月 14日)を始まりに、大邱と大田(15日)、光州(16日)、ソウル(17日)へと移して回る予定。全国5ヶ都市で2000人以上の観客に会う。3人は観客と「愛」を共に見た後、上映後に映画と愛に対する対話を交わすようになる。

このような全国ロードショーはクァクギョンテク監督とチュジンモのアイディアから始まった。広報社AMシネマは「観客たちに一日でも早く映画を披露したいという監督と主演俳優の強い自信感が読み取れる。」と話した。「愛」は 9月 20日封切りする。

キムボムソク記者 [kbs@joongang.co.kr]

日刊スポーツ]2007.08.30 09:44
posted by rika1999 at 22:31| ■映画「愛」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画「愛」制作報告会】

200708281212591122_1.jpg
posted by rika1999 at 22:21| ■映画「愛」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画「愛」制作報告会】

200708281219021122_1ewrwr.jpg

TV[動画]チュジンモ「'愛'はチンピラ映画ではありません」

「チング」と「台風」などを演出したクァクギョンテク監督の7番目の映画「愛」が、秋夕の封切りを控えて制作報告会を持った。

映画「愛」の制作報告会が28日、ソウルノヒョン洞インペリアルパレスホテルでクァクギョンテク監督と俳優チュジンモ、パクシヨン、チュヒョンらが参加した中で開かれた。

この映画は平凡な夢を見る一人の男の周辺をぐるぐる回りながら、絶えず彼の首を引き締めて来る悪縁と、選択出来ない運命の分かれ目に立つことになった一人の男の激情的な生き様を見せる。

アクションでだけ勝負する男性ドラマに対する偏見を破り、無骨だが真正性が込められた感性ドラマに荒い男の人生を正しく見せる予定。 また、クァクギョンテク監督は映画毎に話題を呼び起こしたように、今回の映画でもやはり観客の心を濃く鳴らす台詞と場面の数々をプレゼントする予定だ。

今回の映画で、荒い男性の姿を見せたチュジンモは「初めから最後まで、私には大切な時間だった。 今直ちに観客たちに映画をお見せしたいという考えしかない。チンピラ映画でなく、愛の真実性を感じることが出来る映画。」と所感を明らかにした。

引き続きパクシヨンも「シナリオを見た瞬間からずっと胸が震えている。本当に熱心に撮影したし、胸がときめく映画。」と話した。

多様なジャンルの映画が封切られる今年の秋夕、クァクギョンテク監督がプレゼントする唯一のアクションドラマで、来月20日封切られる。

連合ニュース芸能ホットニュース/naver]2007-08-29 12:39
TV[動画]チュジンモ「パクシヨンに初恋の感じを受けた」
sportsseoul]2007/08/28 16:42
TV[動画]チュジンモ「パクシヨンの性格に艶がないのではないかと心配した」
sportsseoul]2007/08/28 17:26
TV[動画]チュジンモ・パクシヨン「<チング>の続編ですか?<愛>fメロです。
ytnstar]2007-08-29 10:04
TV[動画]チュジンモ・パクシヨンの即席釜山訛り
mydaily]2007-08-28 15:12:19
posted by rika1999 at 21:49| ■映画「愛」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画「愛」制作報告会】 チュジンモ「撮影終始 '初恋の彼女' が思い浮かんだ」

3436gd200708281213331003_1.jpg

映画「愛」で荒い男チェイノ役引き受けて

「学生時代の初恋の人だった転校生の彼女のイメージが撮影始終浮び上がりました。」

映画「愛」の主演俳優チュジンモが、学生時代の初恋の経験を公開した。

チュジンモは 28日午前、ソウル論硯洞インペリアルパレスホテルで開かれた「愛」の制作報告会で「映画が男の純情を描いているだけに、撮影する間、初恋の彼女が浮び上がった。学生時代、水道で顔を洗って教室に入った時、机におとなしく座っていた転校生の彼女が私の初恋だった。大人になっても、その初恋のイメージが私の理想型に繋がれていた。もしかしたら、その時のそのイメージを演技に投映したのかもしれない。劇中、パクシヨンさんと初めて会う場面で、その感じを思い浮かべた。」と話した。

クァクギョンテク監督初のメロ物である「愛」は、初恋の女性ミジュ(パクシヨン)を守る為に、自分の生を諦める荒い男チェイノ(チュジンモ)のラブストーリーを取り上げる。2人の愛にイノのボスであるユ会長(チュヒョン)と釜山最高の悪辣なばたやチグォン(キムミンジュン)が悪縁に縛られて話が展開される。

チュジンモはクァクギョンテク監督の前作にチャンドンゴン、チョンウソン、イジョンジェら国内最高の俳優たちが出演したことに対して、負担がないのかという質問に「名うての先輩演技者たちがとてもよくして来たし、クァク監督様の作品で新しい姿を披露したから、負担なしには出来なかった。しかし、シナリオを受けて私が出来るという気がしたし、それに対する自信感をたくさん持ったから、映画を見れば、これまでの方々とはまた違う比較になるチュジンモの再誕生を感じると確信する。」と語った。
1188272513189_1.jpg
相手役パクシヨンに対して「映画を撮る前に一度も会った事がなくて媒体の中で映った姿を見て、澄ましてざらざらしてツヤがないんじゃないかと心配もした。しかし、練習する時やリハーサルの時に見えたパクシヨンの純粋な姿に驚いた。」と明らかにした。

チュジンモは「今回の映画は、初めから最後まで思い出さない場面が一つもない。今すぐ映画をお見せしたいという気持ちしかない。俳優たちを含むオールスタッフたちが熱情の火柱を持って熱心に撮った。」「私たちの映画に対して、もう一つのタンピラ映画ではないかという視線もあるが、拳骨をふるって打つ映画ではない。愛の真実性を感じることが出来る映画だ。」と伝えた。

クァクギョンテク監督はチュジンモに対して「一緒に撮影をして、時に荒くてダイナミックで、一方をもっては純粋な姿もあって、あまりにも多い表情がある俳優なのに、どうしてこれまでこんな姿が発見されなかったまだろうかという驚きがあった。エネルギー溢れる姿がとても可愛らしい。ちょうど私の末っ子の弟と一緒に働いたような感じだ。」と話した。

チュジンモ、パクシヨン、チュヒョン、キムミンジュンらが出演した映画「愛」は、来月 20日封切りする。

モソンジョン記者msj@hankooki.com

スポーツ韓国]2007/08/28 13:48:44
iモードチュジンモ「クァクギョンテク監督が訛りで全台詞を録音して渡された」
newsen]2007-08-30 07:43:30
posted by rika1999 at 18:59| ■映画「愛」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荒い男チュジンモ、ニックネームは ‘カックン’?

200708201653581001_1yeye.jpg
映画「愛」で荒い男に変身したチュジンモが、劇中で ‘カックン’という可愛いニックネームで呼ばれていて目を引く。

最近公開された映画の予告篇でチュジンモは、自分を探すちんぴらたちの注目を引く為に、鉄製のゴミ箱を投げて鏡を壊しながら“カックン、ヨイッネ”と言う。映画の中で ‘カックン’はチュジンモが演じたチェイノという名前程よく登場し、チェイノの生に対する特別な象徴でもある。

イノはミジュを慰める為に“生まれる時、頭に風呂敷のようなものを巻き、首にへその緒まで巻いていて皆死ぬと思ったが、風呂敷をめくると人のように見えて"カックン"と出て息をし始めた。そのようにして生まれた子供は業がなく、世の中を運命のまま生きて行くから心配するな。」と自分のニックネームに縛られた事情を打ち明けるようになる。
またこの場面は、自分は難しくて手に負えない状況に処したものの、愛する女を気配りする率直な男だということを見せる言葉でもある。

また、制作陣によれば‘カックン’は撮影場でクァクギョンテク監督がチュジンモを呼ぶニックネームだった。クァク監督が随時“カックン、オディッノ”と言ってチュジンモを呼んだせいで、スタッフ皆チュジンモを ‘カックン’と呼んで親しく対した。

捨てることも持つことも出来ない愛にオールインした1人の男の熱い生を描く「愛」は、すべての撮影を終えて現在後半作業が盛んだ。9月 20日封切り予定。

パクジュンボム記者pharos@osen.co.kr

[OSEN] 2007-08-24 9:23:02

■チュジンモ、撮影場で 'カックン'と呼ばれた理由
joynews]2007/08/24 10:18
■チュジンモ、クァクギョンテク監督から‘カックン’と呼ばれた事情!
韓国経済]2007-08-24 12:57
■‘カリスマ’チュジンモ、ニックネームはおませな‘カックン’
newsen]2007-08-24 08:27:29
posted by rika1999 at 12:17| ■映画「愛」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

チュジンモ"バカなまねみたいだね... 人の縁...” 大当り流行語の兆し

200708171138411003_1.jpg"バカなまねみたいだね... 人の縁...”

チュジンモとクァクギョンテク監督の出会いで話題を催している映画「愛」の名台詞の数々が既に流行の兆しを見せている。

この間公開した「愛」の1次ポスターには"バカなまねみたいだね... 人の縁...”という強烈なコピーが書かれている。このポスターが公開されるとネチズンたちは熱い反応を見せて、この文句に対する熱烈な関心を零し出している。

ネチズンたちの関心を催した"バカなまねみたいだね... 人の縁...”というコピーは、映画の中でチュジンモが引き受けたキャラクターであるチェイノの台詞で、もう「愛」の撮影現場では大当りの流行語だった。 映画「チング」で‘オレがお前のパシリか?’‘もう止めろ、たらふく食ったじゃねえか’など訛りの名台詞で名前を揚げたクァクギョンテク監督は、次期作「愛」でも美しい台詞の数々を作り出した。

"バカなまねみたいだね... 人の縁...”は映画の中でチェイノ(チュジンモ)が一生にただ一度だけの愛であるミジュ(パクシヨン)と7年ぶりに再会するが、もう捨てることも持つことも出来ない女になったことが分かり、歎息するように吐き出す台詞だ。

ここにスタッフたちは"バカなまねみたいだね... 夏の天気...’などに応用して周りを笑いの海にしたりもした。

またチュジンモが劇中で自分を紹介して“チェソ(野菜)のチェ...イノ”と言った台詞も人気だ。 映画の中で少年イノは好きなガールフレンドのミジュに自分をはっきりと記憶させる為に、初めて挨拶をかける。一度聞けば易しく忘れないこの特別な紹介法が流行のように広がり、チュジンモはこの言葉を‘一番印象的な台詞’で指折った。

捨てることも持つことも出来ない愛にオールインした一人の男の熱い生を扱ったアクションドラマ「愛」は、9月秋夕に封切りする。

キムミヨン記者 grandmy@newsen.com
[newsen]2007-08-17 11:40:37
posted by rika1999 at 17:19| ■映画「愛」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チュジンモ、短髪-運動服姿 ‘こんな姿初めてだ!!’

200708151747013242342.jpg1人の男の熱い生を描いた映画「愛」で、荒いが純粋な運動部高校生に挑戦したチュジンモの姿が公開された。

映画「チング」のチャンドンゴン、「マルジュク通り残酷史」のクォンサンウに引き続き、チュジンモが映画「愛」を通じて高校生に挑戦して話題を催している。チュジンモは制服の代わりに運動服を着て、柔道特技生で大学に入学し、母親に親孝行するという素朴な夢を持った高校生に扮した。

先日公開された撮影現場で、映画の為に準備したり気を遣った部分が何かという取材陣の質問に「映画が幼い時代から大人時代まで皆盛っており、年毎に似合う姿を見せるのに神経をたくさん遣った。」と明らかにしたチュジンモは、高校生分の撮影を控えてクァクギョンテク監督の特別な注文なしに自ら髪を短く刈った。

髪を短く刈ってレイニング服に着替えるだけで、確かに高校生になったチュジンモの姿は、映画で見せるチュジンモの新しい姿に対する期待を持つようにする。

キャラクターの為に、これまでの粹なイメージを借しまず捨てたチュジンモの演技熱情が引き立つ映画「愛」は、今年の秋夕に観客たちと会う予定だ。

ファンユヨン記者/www.reviewstar.net

reviewstar]2007-08-15
posted by rika1999 at 16:15| ■映画「愛」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。