2008年01月09日

チュジンモ、同性愛演技“初めての相手役が男女一人ずつ2人”

「雙花店」のチュジンモ"初めて相手役が男女2人だ。”

俳優チュジンモが5日に生放送されたKBS-2TV「演芸街中継」で、クランクインを控えている映画「雙花店」(仮題/監督ユハ/制作オポスピクチャーズ)に対して、密かに紹介する時間を持った。

俳優チョインソンと共に「雙花店」で同性愛の演技を繰り広げるチュジンモは、今回の映画と過去の映画との差を問う質問に、「昔は相手俳優が女だったとすれば、今は男も女もいる。」と話して目を引いた。「しかし、野心家ではない。」と付け加えて笑いを催した。

劇中、チョインソンと同性の恋人で出演するチュジンモは、「同性愛演技は映画の中の全体的な脈絡と一団となるだろう。」と伝えた。

一方、チュジンモは「私は与えるタイプだ。心でもお金でも、それが何だとしても先に与える。」と、自分の愛観-人生観に対して打ち明けた。

「美女はツライ」「愛」の相次ぐ成功で、興行俳優に落ち着いたチュジンモが、「雙花店」で披露するまた違う破格的な演技変身が期待感を催す。

「雙花店」は元国の政治的支配を受けた高麗末を背景に、高麗王と36人の美少年で構成された王の親衛部隊‘コンリョンウィ’の首長ホンリム(チョインソン)と、元国出身の美しい王妃を取り囲んで起きる危ない愛と裏切りを描いた映画で、高麗時代の正史の中に盛られた実話を土台に再創造した史劇だ。チュジンモは親衛部隊 ‘コンリョンウィ’を導き、王権強化を図るカリスマあふれる若い高麗王に変身する。

作品性と興行性を兼備したユハ監督とチュジンモ-チョインソンという忠武路の代表的花美男の連れ出演で話題になっている「雙花店」は、今年の春、撮影が始まる。

チェナヨン記者 nyny80@newsen.com

newsen]2008-01-06 06:29:04
posted by rika1999 at 14:41| ■映画「雙花店」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。